出会いを運んでくる、自分よりちょっとキレイな女性をうまく活用する方法

女性は男性に他の女性を紹介する時、自分よりかわいい子を紹介することはほとんどありません。自分はそんなことはないと思う方もいるかもしれませんが、少なくとも男性側からはそう見えていないことが多いです。女性は無意識のうちに自分より少しかわいくない女性を男性に紹介してしまいます。認めたくないのも事実ですが、それが女性の性なのです。

女性の中には見た目ではなく、社会的ステータスや仕事のランクで紹介する女性を選ぶ人もいます。例えば自分よりキャリアの浅い子だったり、収入が自分よりも少し低い後輩を連れてくるわけです。それでも、明らかに自分より若くてキレイな子を紹介したりはしないでしょう。ステータスや収入も判断材料の1つですが、やはり見た目も判断した上で選んでしまうものなのです。

逆に男性が女性に男性を紹介する場合、男性は自分との優劣をあまり意識しません。だからといって男性が偉いというわけではありませんが、それだけ女性は見た目を気にする生き物ということです。自分が他の女性と比較されて下に見られることに不安を感じずにはいられないのでしょう。

しかしこの女性特有の癖は、紹介される女になるためのヒントにもなりえます。女性が自分より少しかわいくない女性を紹介したがるということは、自分よりちょっとキレイな女性と仲良くなっておけば、紹介される確立が上がるということです。

自分よりかわいくない女性と仲良くなっても、紹介されることはほとんどないでしょう。もちろん、友達全員をキレイな子にしろというわけではありません。自分を飲み会などに誘ってくれるキーマンとして、積極的にキレイな子と仲良くなっていけばいいのです。

キレイな子と仲良くなったら、自分が出会いを求めていることをそれとなく伝えておきましょう。自分よりもキレイな子といくことは割り切ってしまうのが一番です。変なプライドは捨ててしまいましょう。自分よりキレイな子に誘ってもらうことで、出会いのチャンスを広がっていくはずです。

もし自分が男性に女性を紹介する立場になったら、女性特有の思考にならないことを心がけましょう。自分よりかわいい子を紹介することで、男性からの信用を得ることができます。

その時、自分が個人的にかわいいと思う女性よりも、客観的に見て男性が好きそうな女性を選ぶといいかもしれません。たとえ男性の好みではない女性を紹介してしまっても、男性側が文句をいうことはないでしょう。それでもかわいい女性を紹介することは、自分が男性に重宝されるためにも大事なポイントであることには変わりありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る