結婚相談所で失敗は「お金をかけているのだから」「スタッフの方がいい人すぎて」・・・

名前 N.K 30代 職業・・・会社員(激務)婚活暦3年

結婚相談所で失敗したこと、後悔したことを端的に言うと「お金をかけているのだから」「スタッフの方がいい人すぎて」の2点です。

「お金をかけているのだから」というのは、そう、結婚相談所って結構なお値段がしますよね。で、一人紹介してもらってそれで決まったら、せっかく払ったお金がもったいないような気がしてしまうのです。

払った分だけ、それに見合ったいい人を紹介してもらわなくては割に合わない、そこまでいい人でないのなら(高望みをしていましたので)それなりの人でいいからそれなりの人数を紹介してもらい、こちらに選択権があるような状態にならないと割に合わない、というような思考になってしまっていました。

ですから、今思えば特に問題もないいい人ともお話するような機会があったのにものかかわらず、この人を保留して次の人を紹介してもらえば、比較して選べるかも、というようなことが多々ありました。

一人ひとりと真剣に向き合わなかった感じでした。

「スタッフの方がいい人すぎて」というのは、相談所の担当男性の方がいい人だったことです。

高いお金を払っているだけあって、こちらの話を親身になって聞いてくれますし、こちらの希望なども共感しながら丁寧に聞き取ってもらえました。

そして私は客の立場であるので、向こうはそこそこ私にたいしてほめたりもしてくれます。もちろんほめてもらって自信がついて出会いや恋愛に前向きになれたらそれはいいことなのですが、「希望の条件だけみるともっと上を狙ってもいけそうですよね。」などと男性スタッフに言ってもらえるのです。

ところがそれはプロフィール上の学歴、年収、趣味などを見ての判断であって、男性なら学歴や年収はステータスでしょうが、女性にとってはたいした内容でもないということを、女性なら若いとか容姿が美しいということのほうが大事だということを、その担当者と話していると忘れてしまったのです。

結果、平凡な私が高望みをしたあげく、相手の男性に対して「あの男性スタッフならもっと親身に話を聞いてくれる」などと比較対象にすべきでない人と比較し、この人はダメだと判断していました。

男性スタッフの話がうまく、女性の扱いに慣れているのは職業柄当たり前で、相談所に登録するような出会いを求める男性が緊張で口下手なのは当然、恋愛経験が少なく自信がないのも当たり前、そんなことも後になって気がつきました。

結局相談所とは別のところで結婚しましたが、相談所ならではの「自分を客観視できない、浮かれすぎ、へんな期待しすぎ」というところに陥ってしまったのが、今となっては苦笑いしか出ません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る