イメージの持ち方で幸せになれる

ここで、残念ながら最初の結婚は上手くいかなかったけれど、2度目の結婚では幸せをつかんだ!という弥生さん(仮名)の話をご紹介。

「子どもの頃から両親を見てきて、『結婚に苦労はつきもの』というイメージを持っていました。ですから、初めの結婚では夫に不満があったり、意見が合わなかったりしても、しょうがないという気持ちでいました。

それがいつしか結婚生活以外のところでも、すべてを否定するような暗い考え方しかできなくなってしまい・・・、そんな妻とは一緒にいても楽しくないですよね。とうとう夫から離婚を切り出されました。

『結婚には向いていなかったのかな、もうずっと一人かなぁ』と考えている矢先、お見合いの話があったんです。再婚するなら幸せな結婚をしたい、という気持ちが急に芽生えてきて、ネットでいろんな人のブログを読みました。

そして、『結婚はいいもの』という前向きなイメージを持つようにしたのです。

お見合い相手に初めて会った時も、相手の良い面をたくさん見つけるようにしました。そして、お互いにどんな結婚生活を送りたいかを話し合いました。1度目の結婚ではなかったことですが、この話し合いが結婚へとつながりました。

2度目の結婚までに自分自身が大きく変わったと思っています。何事もプラス思考で、周囲への感謝も忘れず明るく振る舞うことで運気を呼び寄せることができたのだと思います。

いかがですか?結婚に対するイメージの持ち方ひとつで、幸せをつかむことができた例です。簡単で素敵な方法ですよね。

あなたも今すぐ前向きなイメージを持つように意識し、結婚のチャンスをつかみましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る