男性にだってマリッジブルーはある

ようやく素敵な男性と巡り合い、プロポーズをされ、いよいよ結婚に向
けて動き出す!というときこそ、彼の様子を注意深く観察してみましょ
う。

挙式や入籍の日程を一緒に真剣に考えてくれているでしょうか?なかな
か決めてくれない…ということはないでしょうか。「早く結婚して一緒
に暮らしたいのに、どうして?」とあなたは思うことでしょう。

結婚情報誌や新婚旅行のパンフレットなどを見せれば、彼のモチベーシ
ョンも上がるかも!と積極的に働きかけるとしたら、それは全くの逆効
果です。

マリッジブルーというと、女性のものと考えがちですが、男性にだって
あるのです。

男性にとって結婚するということは、一家の大黒柱になること。その責
任と重圧を考えると、真面目な性格の男性であればあるほど、不安に感
じるのでしょう。

そんなときこそ、彼の気持ちを一番に考えて、「結婚」の「け」の字も
出さずに2人でゆっくりとした時間を楽しみましょう。

そうやって過ごしているうちに、何も言わずに待っていてくれるあなた
に対して、彼も改めて「この女性と結婚して間違いない」と思えるでし
ょう。

けれど、ただひたすら待ち続けて何年も経ってしまい、結局上手くいか
なかった、なんてことになると、あなたの大切な婚期を逃してしまうこ
とになりかねません。

そうならないためには、待ち時間を半年~1年程度に決めることです。

いくら相性が良くても、タイミングが合わなければ結婚は難しいもので
す。一定期間待ったら改めて結婚について彼とよく話し合ってみてくだ
さい。

その上でどうしても意見が合わないようだったら、残念ですがキッパリ
別れることも必要になってくるでしょう。そうすることで新しいご縁と
つながるものなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る