「婚約破棄」は「離婚」を防ぐ手段と考える

最近ではスピード離婚する夫婦も増えています。彼らの話を聞いてみると、婚約中に不安を感じたけれど勢いに乗って結婚してしまった、というケースが多いのです。

婚約してしまったら、それを破棄するにはそれなりの理由と勇気が必要でしょう。

けれど考えてみてください。「婚約破棄」よりも「離婚」の方がダメージが大きいのは言うまでもありません。お世話になった周囲の人々に迷惑をかけた上に、あなた自身が精神的にも、金銭的にも負担がかかってしまいます。

結婚するべきか、婚約破棄するべきか・・・迷うとは思いますが、見極めるためのキーワードは「浮気」「金銭感覚」「マザコン」「性の不一致」「オレ様」です。

これらに対する考え方がずれている場合、結婚生活は難しいといえるでしょう。

本当に信頼し合える関係ならば、多少意見が食い違った時には時間がかかったとしても、お互い譲歩したり、認め合うことができるはずです。

しかし、根本的に考え方が異なっている場合は、なかなか難しいもの。

「婚約指輪をもらってしまったから」「式場を予約してしまったから」「結婚式の招待状を出してしまったから」もう絶対に引き返せない、ということはありません。「一緒に暮らしているうちに何とかなるかな」と、ここで我慢してしまって本当に良いのでしょうか?

不幸な結婚をして暗い生活を送ったのちに離婚するのか、勇気ある決断をして未来へと一歩踏み出すのか。賢明な女性ならば、答えは決まっているでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る