どうして男性より女性の方が結婚願望が強いのか?

婚活において男性と女性では結婚に対する真剣さに差があるようです。

どちらかというと女性の方が結婚することを強く意識して活動し、男性の場合はいい人がいたらお付き合いして、良かったら結婚も考えたいという意識の方が多く見受けられます。

世代も女性は20代後半の方~40代の方に対して、男性が婚活をする場合はたいてい30代後半~の方が多いようです。

その理由は明白で、女性は“出産”という人生の一大イベントがあり、結婚が遅くなればなるほど出産の年齢も遅くなり、条件が厳しくなるからです。全体的に結婚する方の高齢化も進んでいますが、出産だけは遅くなると年齢的に厳しくなるので、女性はタイムリミットを意識して結婚相手を探すことにあります。

一方、男性は今の世の中、安定した経済力を持っている方はあまりいらっしゃいませんし、周りの友人の方も結婚していない方が多いため結婚自体に焦りを感じていません。

お金や時間を自由に使える独身時代が長くなればなるほど、結婚して家庭を持つというイメージを持ちにくいことも大きな要因でしょう。家庭を持てば、経済的にも時間的にも縛られることは想像がつきます。

そんな男性が結婚を決意するときは、今の恋人とこれからも一生ともに生きて行きたいと思った時や自分の子供が欲しいと思った時。また一人暮らしに寂しさを感じた時などが多いようです。

ですから女性が結婚を考えて婚活をするときには、ある程度結婚をしたいという目標を持って活動をしている男性にできるだけたくさん会うことが必要です。

そして今お付き合い中の恋人がなかなかプロポーズをしてくれないときには、相手に結婚の意思があるのかどうかを確かめておくことも必要です。

女性にとって結婚までの時間は、出産というタイムリミットを考える上で男性ほどのんびりできないのです。男性に結婚の意思がなく、このまま付き合っていてもプロポーズをしてもらえる可能性がなさそうなのであれば、次の相手を見つける行動に出た方がいいのかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る