幸せな結婚をするための恋愛とは

結婚したいという視点で、独身女性がしなくてはならないことを整理してみます。

最近は独身を貫く女性の方も多く、結婚は面倒事が増えるから一生独りでいいという方もいます。それはそれで、そういった方の生き方を否定するつもりはありません。経済力があり、ひとりに寂しさを感じない方はそれでもいいと思います。

しかし、女性で経済力があり一生独りで暮らせる方の割合は、男性よりも少ないのは事実。それと、結婚して子供を育てるという素敵な喜びを感じる事が出来ると思えば、結婚も悪くありません。

人生何が起こるかわかりません。結婚当時は完璧と思っていたが、こんなはずではなかったと離婚することもあります。ですから、幸せな結婚をするためにも恋愛期間においてやっておくことがあります。

学生時代の恋愛はどうだったでしょうか?ルックスがよいとか、野球部でエースだったというように同じクラスや学校内での比較により、秀でた方を好きになるケースが多かったはずです。

そして社会人になるとルックスに加えて、勤務先や年収なども気になります。ただ、付き合ってみると価値観が違うとか、性格が合わないなんていう事もあるため、色々な要素が複雑に絡み合ってきます。

結婚を意識しての恋人づくりで考えたときに、人よりも贅沢な安定した生活をしたいと夢見るのであれば、それなりの方との恋愛が必要となります。

例えば、安定性と収入を考え、外務員の妻になりたいと夢見たとします。がしかし、住んでいるのは地方という事では話になりません。外務員が住んでいないのですから、出逢いも何もありません。

出会いは偶然、なんてそうそうありません。必然となるためにも自分からも働きかける必要があります。

極端な話、外務員の妻になりたければ外務員になることも近道です。それが出来ないのであれば、外務員の方と出逢える場所を探すという事です。

外務員の方が利用する食事の場所を調べ通う事もいいでしょう。外務員の方が利用するスポーツジムやゴルフ場を探し、入会するのもありだと思います。そんな事をしてまでも、と言っているようではそれなりの職業や年収の方との出会いは望めません。

そして、そういった努力と出逢い、付き合いを重ねることで自分自身の価値の向上、結婚への道が見えてくるのです。価値観を確立させることもできるし、努力することは無駄ではありません。

エリートと呼ばれる方が絶対いいという話ではありませんから、人との出逢い、恋愛期間においての努力をしっかり行いましょう。そうすることで、結婚後の迷いや後悔も少なくて済むでしょう。

出逢いの期間、恋愛期間を大切に考えて行動することこそが、幸せな結婚を呼び寄せる秘訣と言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る