赤の他人と一生添い遂げるということ

結婚すると、今までの生活が一変します。同棲をしていれば多少相手の癖のようなものもわかるでしょうが、結婚して初めて分かる事実というものもあります。

結婚してこんなはずではなかった、これは本当によく聞く話。しかし考えてみれば結婚するまでの間、別々に暮らし、生きてきています。親も違えば教育方針も違うし、生活習慣も違って当たり前なのです。裕福に生きてこなかった方の中には、親がいつも家に居なくて家族団らんの経験がない。

経験がないことで家族団らんの方法がわからないとか、親に愛情を持って育てられていない場合は、産まれてくる子供に愛情をどうやってかけて良いのかわからないということもあります。

育ってきた環境というのは、その後の結婚生活に与える影響も強いので気にするべき事だと思います。ただ、親の愛情不足を含め本人が鍵っ子だったから、自分の子供にはそのような思いをさせたくないと、子供への愛情が深くなるということもあるので一概には言えませんが、赤の他人と一緒に生活するということは自分だけのペースで進まないことも事実です。

そこで、どこまで妥協することが出来るか考えてみます。裕福な方を選んだ場合、元々裕福だったいわゆる「ぼんぼんタイプ」と、必ず成功してみせると野心を燃やし裕福となった「成り上がりタイプ」と2つに別れます。

これも、一概には言えませんが、ぼんぼんタイプはあまり世間に揉まれていないため、穏やかな上品な方が多い一方、成り上がりタイプは神経細やかで、厳しい方を多く見受けます。他人にも自分にも厳しいタイプです。

リスクもあります。ぼんぼんタイプは人生に対してあまり迷う事もつまずくこともなかったため、つまずいたときのダメージが大きく、立ち直れないということがあります。逆に成り上げりタイプは逆境には強いが、成り上がりにゴールはないので、やり過ぎてしまう、ということもあるでしょう。

そういった男たちと上手に付き合っていく必要があります。人間100人いれば100通りの考え方、生活習慣があるため、この人と決めたらその方をまずはしっかり知ることが重要。

そして、多少のことは目をつぶりましょう。こちらに不満があるように、相手も自分が想像し得ない不満を持っているかもしれません。こちらが目をつぶれば、相手も目をつぶってもらえるというものだし、極度のDVとか子供を虐待するとか、家にお金を入れないというように、生活を著しく脅かすことでなければ大丈夫です。

夫に「パジャマにアイロンを掛けて」とか、「冷蔵庫に入っている調味料のラベルを全部見えるように綺麗にして」などと言われ、「この人とはもう無理だわ」と言ってるようでは幸せな結婚生活なんて望めません。譲るところはどんどん譲り、意見を交わすべきところはどんどん交わしていくことで、夫婦の密度は濃くなっていくのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る