短時間で結婚を決めてしまうのはやっぱり危険?

周りの方で結婚に失敗したり、今の結婚生活に不満を感じている方の多くが“こんなはずじゃなかった”と感じているようです。お付き合いをしているときにはこんな人だとは思わなかった、知っていたら結婚していなかったのに、と言うのです。

確かに出会ってから結婚するまでの時間があまり多くないと、相手のすべてを知ることは不可能ですし、お互いに相手に良く思われたいために欠点の部分は見せずにお付き合いすることが多いようです。

しかし、結婚をするとそうもいきません。長い時間一緒に過ごすために相手の欠点、不満に思う点が出てきます。それが耐えきれなくなって最終的には離婚してしまう方が多いのです。

結婚をしたい、結婚をするという気持ちになるのは、主に2パターンあるようです。1つは今まで独身で過ごしてきて、これからの人生を誰かとともに生きて行きたいと思うこと。もう1つは好きな人が出来、この人とずっと一緒にいたいと思うこと。

婚活をしている方の多くは『結婚したい』が先に立ち、そこから相手を探すという行動になります。もちろん、相手が見つかりその人を幸せにしたい、その人と共に生きていきたい、となって結婚に至るのですが、スタートが『結婚したい』ところから始まっているため比較的、結婚を決めるまでが早いようです。

相手の方も結婚相手を探すために婚活をしている場合はお互いが結婚を意識した交際になるため、スムーズに話が運ぶようです。

しかし、先に述べたようにお付き合いする期間が短ければそれだけ相手のことをあまり知らずに結婚してしまうため、後々の夫婦問題につながっていくことも多いのが現実。結婚は一生のこと。早く結婚したい!という気持ちは大事ですが、その人と結婚して本当に幸せな結婚生活を送ることができるのか、見極めることも大切になってきます。

そのためには自分を飾らずに、長所も短所も相手にわかってもらわなければなりません。たくさんコミュニケーションをとって、結婚前にお互いの欠点も理解しあえれば、結婚した後に問題になることも少ないでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る