幸せはあなたが選びとるー「宿命」と「運命」のはなし

人には持って生まれた「宿命」と、その人自身がこれから選択していく「運命」とがあります。生まれ育ちや容姿、家族などは「宿命」に属するものであり、どんなに嘆いても変えることはできません。

あなたが不幸になるとすれば、それは宿命に負け、人生をあきらめたそのときからです。困難な宿命を背負って生まれたことと、幸せになることとは関係ありません。宿命にこだわるよりも、これから変えられる運命をよりよくすることにエネルギーを使いましょう。

小さなものから大きなものまで、人生は選択の連続です。一つひとつの選択に真剣に向き合いましょう。特にどういう人とつきあうかによって、人生は大きく変わります。あなたを成長させてくれる人、あなたが憧れる人、あなたを守ってくれる人、あなたを心から大切にしてくれる人。そんな人と一緒にいることを選びましょう。

あなたを愛してくれる人と出会うためには、あなたが人を愛することです。常に相手のためを思い、相手の幸せを願って行動することで、あなたの幸せを願う人と必ず出会えます。これが「循環の法則」。あなたを幸せへと運ぶのは、他の誰でもなくあなたしかいないのです。

循環の法則によって、あなたがしたことは必ず返ってきます。真剣に正直に愛したあなたの愛は、決して無駄にはなりません。運命は、あなたの選択次第でいつでも変えることができます。ときにはリスクを負ってでも、求める幸せがあると感じる方を選びましょう。

ある人に、昔とても好きな人がいました。自分に自信が持てなかったその人は、長くつきあっても「結婚しよう」と彼が言ってくれないことが苦しくてしかたありませんでした。しかし彼の立場から自分を見たら、そんな自分とは結婚したくないに違いないとふと気づきました。

泣きながら悩み、考えた末、その人は離れた土地で仕事をすることに決めました。何かひとつ身につけて、彼と一緒にいられる自立した女性になろうと思ったのです。3年後、キャリアと新しいスキルを身につけたその人は、彼と遠距離でよい関係が続いていたにもかかわらず別れてしまいましたが、その2ヶ月後、今の夫と出会い結婚しました。

今の幸せは、あのとき心の声に素直に従った結果だと胸を張ってその人は言えるでしょう。変えられない宿命でなく、これから変えていく運命を大切にすることで、人は自ら幸せに導かれるものなのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る