すべてを受け入れたからこそ見えるもの

恋人として一緒に過ごしていると、色々とお互いの趣味や好みに違いが
あることが分かってきます。例えば、スポーツでは、野球が大好きな彼
だけど、野球には全く興味がない自分。一方華やかなフィギアスケート
が大好きな自分だけど、彼は見向きもしない。物を捨てられない彼と、
一つ買ったら一つずつ捨てていく自分。

こんな風に、いくら自分の恋人でも、必ずお互いの価値観や嗜好は、ぴ
ったり同じではないはずです。ぴったり同じだった方が、もめることも
なく好ましいことでしょうか。

そんなことはありません。違いがあった方が、お互い刺激になり、もっ
と一緒にいて楽しいはずです。でもそのお互いの違いを、どちらかが妥
協して、相手に合わせなくてはならないと思ったら、それは窮屈でしか
ありません。

お互いの違いは、「違い」としてまず受け入れましょう。それをあなた
が自分の視野を広げるチャンスと捉えて、全く興味がなかった野球観戦
にとりあえず行ってみたら、大声で声援を送ることに意外と爽快感を感
じるかもしれません。こんな風に、彼との「違い」を自分の中に取りい
れて、自分の世界を広げられたら素晴らしいことです。

しかし、野球観戦に行ってみたものの、やはり楽しいと思えなかったら、
その場合は、彼と自分の「違い」として受け流してもいいのです。

大切なことは、彼との「違い」を最初から全面拒否しないこと。まずは、
自分の先入観を捨てて、その違いと向き合ってみましょう。そうやって
お互いが、お互いに少しずつ歩み寄れれば、それぞれ新しい世界が開け
てくるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る