お金はあなたを本当の幸せに導くもの・・・?

お金がなくても幸せになれるかどうかは、人によりけりで、お金持ちが幸せだとは限らないでしょう。考えなければならない事は、人によってお金の価値の基準が異なるという事。百億円が基準となる人もいれば、一万円が基準となる人もいます。百円が基準となる人もいるでしょう。「お金の基準」は人それぞれにあると言えるのです。

テレビのワイドショーでは、何百億の財産を持っている、何十億の税金を納めた、何億のダイヤモンドを持っているというような話題が取り上げられています。ところが、チャンネルを変えれば、一日千円で暮らさなくてはならない人とか、この服は百円で買いましたという人もいて、庶民の味方のお店が紹介されたりしているかもしれません。

お金は絶対必要だが、お金にはそれほど依存していない、お金がなくては生活できないけれど、お金を誰かに借りればなんとかやっていける、お金はとても大切だと思うけれど、お金がなければないなりに楽しくやれる、などがあるとしたらどうでしょうか。

それはお金がなくてもなんとかなる生活術を持ったという事。つまり、「お金はお金、お金がすべてではない」という事が分かってきたという事ではないでしょうか。お金があればなんでも買えると思っていても、お金では買えないものが何であるかを知っているのです。そして、その何かに期待しているとも言えるのです。

ある部分においては、お金の価値は旧態依然としたままです。しかしある部分においては、お金の価値はまったくなくなったと言っても言い過ぎではありません。ある部分とは、日々の基本的な生活や暮らしを創造する感覚です。

結論としては、月並みな言葉ですが、「お金がなくても幸せになれる」という事でしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る