可愛くないからと思うと悪循環に・・・

「どうせ可愛くないから」とは絶対に思わないようにしましょう。本当は、可愛くない女性なんかほとんどいないのです。美人でなくても個性的な顔をしている人や、男性が10人いたら、10人とも女性の好みは違います。それだけ個人差が激しいものです。ですから、ブスというのは本当は存在しないのかもしれません。しかし、本当に男性に相手にされない女性も存在する事は確か。そんな女性には決まって共通点があるのです。

「陰気」「気が荒い」「仕事が出来ない」の3つです。言うまでもなく男性に相手にされない女性は性格が悪いもの。鼻が上を向いていても、目は一重で、のっぺりした顔でも、明るく優しく、男性をちゃんとフォローしている女性は、「可愛い」と言われるでしょう。性格がよくて、皆から慕われている女性の陰口を言う男性はいません。

その人が美人じゃなくても、「いい人だな」「可愛い奴だ」と褒めるのです。男性のその感覚は、遠くから見ているうちは、褒め言葉だけで終わりますが、そういう女性と社内の席が近くなったり、グループでどこかに頻繁に遊びに行ったりしていると、恋愛感情が芽生える事もあるのです。特に癒されたいと思っている昨今の男性は、遠くの美女よりも近くの性格の良い子を優先して交際相手に選ぶ事が多いもの。

「どうせ可愛くないから」と自ら陰気になっていたり、険がある言葉を発していたり、仕事をいい加減にしたりしていると、男性から見て苛立つばかりで情状酌量の余地もなくなるものです。

自分の顔にコンプレックスがあって、自虐的になっている女性は多いかもしれません。しかし、マイナス思考になって、劣等感を顔に出せば出すほど、正真正銘のブスになってしまうのです。ここでのブスは、美人じゃない上に、性格が明るくない陰気な女性の事を指します。

明るくふるまう事や仕事を一生懸命する事、男性に優しくする事は、美人であろうとなかろうと関係ないでしょう。たとえ美人でも、陰気で態度が悪い女性だったら、男性は相手にしません。まずは、コンプレックスを捨てて、明るく生きてみましょう。幸せな結婚が出来ると歴史は証明しています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る