脈の薄い相手は諦めるべき?

男女の「好き」は基本的に出会った瞬間に決まると言われています。お互いの気持ちを長い時間をかけて関係を作り上げて行くことは大切ですが、これが出来る男女の間には、燃え上がるような気持ちで無いにしろ、初対面の時に「好き」が生まれている事が多いのです。

「良い印象を持った」「感じの良い人」「優しそうな人」・・・これらは通常の仕事等の場面でもある事で、あまり恋愛に直結していないような気もしますが、こうした「好」の印象があるからこそ、その2人はこの先の関係を築いて行くことが可能になるのです。

その為、出会って一方的に自分だけが好きなり、相手には全く「好意」の感情がない場合。こういったケースでは仮に頑張って付き合う所までいっても長続きしない事が多いと言えるでしょう。その為、最初の印象から「脈が薄い相手」というのは、残念ながら縁が無かったと考えたほうが良いでしょう。

見込みの少ない「好き」に頑張りすぎるよりも、少し落ち着いて周りを見直したほうが、本当に「好き」を分かち合える人との出会いが訪れるかもしれません。

勿論「好き」が一致した時には、それを奇跡として大切に育てていくようにしましょう。本来は二人でしっかり「好き」を育てていくと、簡単に壊れない絆となるはずですが、最近では言葉での「好き」ばかり生んで、脆い絆を作ってしまう風潮も見られます。

自分の直感、そして相手への信頼等を全て踏まえてゆっくりと素敵な「好き」を育て上げていけたらとても幸せですよね。

関連記事

ページ上部へ戻る