気付いてあげて!草食系男子のデートのお誘い

誰しも生きていれば異性からデートに誘われるという経験が多少なりともあるはずですが、何だかお誘いを受ける回数が少ないような気がする・・・というそこのあなた。

それはもしかしたら、奥手な男性の遠回しなデートの誘いに気づいていないだけかもしれません。

今回は、草食系男子のデートの誘い方について見ていきましょう。

「俺、○○に行ってみたいんだ」

話の流れで、「そういえば俺、小さい時から○○に行ってみたかったんだよね」なんて言われたことはありませんか?

実はそれ、誘われているのかもしれません。

「え、そんなのがデートのお誘い?」なんて思うかもしれませんが、ほとんどの場合はそうなんです。

自分からどこかに行こうなんて誘えない草食系男子は、あなたの方から「じゃあ今度行ってみない?」という言葉が出るのを期待しています。

大人しい彼が珍しく自分の希望を伝えてきたときは、それに応えるようにしてみましょう。

「○○っていうレストラン美味しいらしいよ」

あくまでもさりげなく、たまたま聞いた情報のようにおいしいレストランを教えてくるなんてのも、草食系男子特有のデートの誘い方かもしれません。

どうやら、「○○が美味しいらしいよ」→「へえ、今度行ってみたい」→「もしよかったら僕と」という会話の流れを期待しているみたいです。

あまりにもさりげなく言ってくるため気づかないかもしれないので、気になっている彼と会話するときは注意して彼の言葉を聞いてみて。

「皆を誘って○○に行ってみようよ」

大人数でどこかに遊びに行こうという提案は、もしかしたら皆で楽しむことではなく、あなたと一緒に過ごすことが目的なのかもしれません。

「そんなの分かるわけないじゃない!」と言いたくなる気持ちはぐっと抑えて。

内気な彼は、2人きりのデートなんてなかなか踏み切れないんです。皆を巻き込んで遊びに行くのが精一杯。

ですから当日は、なるべく彼のそばにいて2人でお喋りする時間を取れるよう心がけてみましょう。

いかがでしたか?

恋愛上級者であっても、草食系男子のお誘いを見抜くのは至難の業。

しかし彼の気持ちを上手に汲んで行動に移すことができれば、彼の心を射抜くことができるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る