二人の関係がうまくいく方法 61~80項目

    61.努力は両者が共にして意味がある

  • 二人の関係で一方的に努力するのは不健康。ボート競技では漕ぐ力が同じで息が合っていないといけないように、二人が共に努力することが必要。良好な関係にある二人は両者の努力のレベルが同じだった。
  • 62.二人の友情のレベルは将来を予言する

  • 長い間お互いをサポートし、自分を相手に合わせるように努力することは二人の愛情にも友情にも必要なこと。パートナーとの友情に自信を持ち持続することができれば、愛情も持続できる。
  • 63.大きな出来事への心構えをしておく

  • 人生の転機になる大きな出来事は自分を振り返ったりパートナーとの関係を見つめなおすきっかけになる。平素から自分の生活をゆっくり見つめなおしておけば、大きな出来事が前触れなくやってきても慌てないですむ。
  • 64.家に仕事を持ち込まない

  • 仕事はただ我武者羅にがんばればいいというものではなく、家に帰ったら仕事のことは頭から消して意識を切り替える。そのために重要なのは片づけの技術。仕事が終わったら全て片づけプライベートな時間に意識を移す。
  • 65.自分の好みをもとに勝手に推測しない

  • パートナーの考えや気持ちを無意識に自分を基準に推測するのは危険。どんなときも相手の気持ちを尊重し、「自分にとって理解できない」という考えこそ相手が理解できないこともあるのだと理解する必要がある。
  • 66.秘密につぶされないように

  • 不正直である代償は正直に告白した場合よりずっと大きく、毎日を重荷とともに暮らすことになる。真実を語ればパートナーとの関係に壊滅的な打撃を与えるような秘密を抱えて悩んだ時は、信頼できる友人に打ち明ければいい。
  • 67.自分のしてきたことを振り返る

  • 深く考えずに同じことを繰り返すのが“習慣”。パートナーに対する言動がパターン化しているのも習慣のなせる業。自分の言動について意識的に考える努力をしないと二人の関係によくないパターンを繰り返すことになる。
  • 68.お金は時間とともに重要でなくなる

  • 理想のパートナーがお金持ちかどうかに注意を向けることがあるが、実際に生活を始めてみれば持っているお金の額はその人に対する評価になんの影響も与えなくなる。人生に愛と意味を与えてくれるものはお金とは無関係。
  • 69.価値観を分かち合う

  • 価値観は若いうちに形作られその後にも維持されるものが多い。お互いの価値観を分かち合い、同じようなことを信じている二人は安心感が増して考えや感情も分かち合え、関係を維持しやすい。
  • 70.自分が探しているものは何かをよく理解する

  • 自分の興味あること、信じていること、選んだ仕事には全て性格の根本的な部分が反映されているから、それがパートナーと直接関係ないことであっても相手との関係に何を必要としているかを暗示している。
  • 71.欠点があってもそれはほんの一部

  • 長い間うまくいっているカップルは人に相手の悪口を言わないという共通した特徴がある。彼らは人間の複雑さを理解しており、相手に欠点があっても、欠点を埋め合わせるいい点を見出そうとする。
  • 72.カップルの友人をもつ

  • パートナーとの新しい生活と古い友人との関係が適応しないことがある。そこで古い友人とは別に共通の関心事を持ち、4人でいっしょに付き合えるカップルの友人を何組か持てば付き合いはやりやすくなる。
  • 73.行動する必要があるときにはぐずぐずしない

  • 自分が変わらなくてはいけないとき、悪い事態を改善するために行動しなくてはならないときは自分の人生がかかっているのだから、考えすぎて機会を逃さず今すぐ行動すべきである。
  • 74.音楽は二人を結びつける

  • 音楽は人の心を和ませる。二人の間の緊張が増して嫌な雰囲気になったときは、二人の好きな音楽をかけると苛立った気分が落ち着くかもしれない。一緒に音楽を聴くのは重要なコミュニケーションになる。
  • 75.本当に必要なのは何かを自覚する

  • パートナーにはいろいろな期待を抱くもの。しかし、二人のニーズが初めに考えていたものと違ってきても自分たちにとって今必要なのは何かを考え柔軟に対処するのが大切である。
  • 76.ケンカしても相手を思っている気持ちを表す

  • 現実問題として相手との間には意見の違いを発見するものだし衝突もたくさん起こるだろうが、そういう状況のときこそ相手の存在を認め、自分にとって一番大切な人だという気持ちを表現することが重要。
  • 77.決定はポジティブな理由で行う

  • 何かを決める時にネガティブな結果を避けようとするだけの理由で決めると、事態はますますおかしくなって不満足な状態が続く。何かを決定するときは、ポジティブな結果を求めて決めるように努める。
  • 78.相互サポートを心がける

  • しっかりした基盤の上に立っている二人は相手がありのままの自分をサポートしてくれると信じあうことができ、どのような考えの違いが起きても最終的にそれほど重大なことにはならない。
  • 79.仕事と配偶者には調和が必要

  • 料理にいい食材をなんでも一緒に使えばいいというわけではないのと同様、仕事と配偶者両方が理想的でも組み合わせたときに素晴らしいことになるかどうかは別問題。相容れない二つの理想を求めず、調和を考えるべき。
  • 80.「恐れる心」を克服する

  • 「望み通りにならないことに対する恐れ」が原因でダメになるカップルは多い。恐れへの過剰反応は百害あって一利なし。うまくいかないことや居心地が悪くなることがあるのも人間だと理解することが大切。

関連記事

ページ上部へ戻る