あなたはいつまで恋愛対象なのでしょうか?

女性には男性に愛される時期、つまり旬があります。旬を過ぎた女性は男性に見向きもされません。悲しいことですがそれが現実です。あなたが「本気で愛される女性」になりたいと願うなら、急がなければなりません。

まだまだ大丈夫と油断していると、いつの間にか大丈夫と思っているのは自分だけ、服装や格好だけ若くしていても顔と中身はおばさん、ということになりかねません。

あなたは本当にまだ大丈夫ですか?

急がなければ・・・とはいえ、あせる必要はありません。まずは自分自身を冷静に見つめ直してみましょう。

男性は若い女性を好みます。それは生物としての本能です。子どもを産むのは若い時の方が有利で、年齢とともに出産のリスクは高まります。男性の子孫繁栄を望む本能が、若くて健康的な肉体を持った生命力のある女性を求めるのです。

妊娠・出産にも育児にも体力は欠かせません。そして子どもを育てていくには経済力も必要です。家庭を持つには、男性には経済力、女性には出産や育児をこなす体力が必要になります。それゆえ、経済力を持っていて女性を選択できる立場にある男性は、若くて美しくて健康的な女性をパートナーに選ぶのです。

あなたが逆の立場だったらどうですか?自分が経済力のある男性だとして、自分のパートナーにもう若くない体力生命力の衰えた女性を選ぶと思いますか?

あなたは「選ばれる」女性でしょうか?自分自身を客観的によく見て考えてみてください。

男性が若い女性を好むのは事実ですが、その一方で、いくつになっても男性に愛される女性というのも確かに存在します。年齢を感じさせないほど若々しく、健康的で美しい女性です。こういう女性を男性はとても尊敬し、心から愛し、自分のパートナーとして選びます。

それは、その女性の若さだけに頼らない生命力を感じとっているからです。年齢を重ねてもなお健康的な肉体を維持していること、女性として輝いていること、それらがとても魅力的に映るのです。

このような女性はいつまでも恋愛対象として見られます。まだまだ旬の女性だということです。努力次第であなたの旬の時期も延長できるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る