演技ではなく「本物」になりましょう

恋愛はテクニックではありません。

可愛い子ぶってみたり、小悪魔を演じてみたり、そういう女性がモテているように見えることもあるでしょう。それを見ていると、恋愛もテクニックでなんとかできるように思えるかも知れません。

でも、本当にそうでしょうか?

あなたが「遊びで付き合う女性」として男性にモテたいのならば、小悪魔を演じてみるのもよいでしょう。でもあなたは本当にそれを望みますか?あなたが欲しいのはそんな愛ですか?

違うはずです。あなたが望んでいるのは「本気で愛される女性」になることです。「本気で愛される」ためにはテクニックや演技は通用しません。男性はそんなものに騙されはしないのです。

男性は、性的魅力をアピールしてくる女性を軽く見るものです。そういう女性は遊び相手としてはよくても、本命としては対象外にされてしまいます。よく雑誌で特集されている「彼を喜ばせるセックス」などの記事には要注意。セックスについて変に詳しいと「遊んでいる女性」とレッテルを貼られてしまう危険性があります。

雑誌の特集や恋愛マニュアル本などに惑わされないでください。自分を安い女性におとしめないでください。あなたの魅力はセックスが上手いことでも小悪魔的な女性であることでもないはずです。

男性は、本気で付き合おうと思う女性には、むしろ清純さを求めています。少し堅すぎるぐらいの身持ちのよい女性を男性は望んでいます。その方が内面がしっかりしていると知っているからです。

可愛い子ぶってモテているように見える女性でも、男性に心から愛されて大事にされている女性は、実は内面もしっかりしているものです。そうでなければ「本気で愛される女性」ではいられないのです。

本命の相手に対しては、男性はもっと真剣に内面を見ています。小手先のテクニックや演技に騙されるほど、男性は単純ではありません。

ですから、自分を安売りせず、もっと自分を大切にして自分磨きを怠らないでください。いつでもそのままのあなたで勝負できるよう「本物」になりましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る