セックスするのは、心が求めるときだけ

セックスはもともと人間の自然な欲求から生まれる行為であり、特別なことではありません。食欲や睡眠欲と同じ、肉体的欲求から起こる行為として考えれば、欲求が生じたときにその相手と行為をすればよいということになります。しかし肉体的欲求から生まれるセックスに、あなたが求めるような深い愛情の交換はありません。

重要なのは、セックスに対して男女の間で考え方が異なるということ。女性は好きな人とセックスしたいと思っていますが、男性はしたいからセックスするのです。セックスから愛情が生まれることはめったにありません。ですから、女性は知的恋愛をする必要があるのです。

長く本気で愛し合おうと思える相手とは、お互いの気持ちが深まるまでとっておくのがよいでしょう。たとえ甘い言葉をかけられたり、「本気だからこそ体の相性が知りたい」などともっともらしいことを言われても、交際を申し込まれる前にセックスをしてはいけません。もし過去につきあっていない男性とのセックスがあったのならば、それはお互いの肉体的欲求から生じたものであったと考え、あきらめましょう。

心から相手を愛おしく思えるようになってからのセックスは、肉体だけでなく、あなたの心をも満たしてくれるものです。正式に交際が始まっても、本当に相手を愛していると確信し、心の準備ができてからセックスするようにしましょう。つきあったからといって簡単にセックスしないことが大切。

相手を待たせたら嫌われるんじゃないかと心配する必要はありません。あなたを本気で愛する彼なら、当然あなたの心が求めるタイミングを待ってくれるはずです。愛情が成熟するときを待ってするセックスは、彼とあなたの心を満たす深い愛情の交換になることでしょう。あなたが求めているのは、心がつながるようなセックスではないですか?肉体的欲求と精神的欲求は別のものです。心を満足させる行為、セックスをもっと大切にしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る