あなたは他の女性と比較されたいですか?

よく話の中に出てくる女友達の名前はなかなか覚えてくれないのに、たまにしか出てこない男友達の名前は、1回言っただけでも彼がしっかり覚えているなんていうこと、ありませんか?不思議ですね。男性の名前だけは何かフィルターを通して彼の耳にでも入るのでしょうか。

でも女性も同じですよね。彼の話の中で何度も出てくる名前の女性がいたら、それが彼にとって明らかに恋愛対象にならない人であっても、気になって仕方ないもの。男性も女性も、やはり異性に対してはかなり敏感なのです。

しかし、彼の前で他の男性の話を一切するなと言われると、なんだか窮屈だし、おかしな話ですよね。もちろん他の男性の話をしてもいいのです。

気をつけてほしいのは、その「話し方」。

例えば、街中を2人で歩いている時に、「あの男性、すごい筋肉だね」と言ったら、彼はもしかしたら筋肉隆々ではない自分の体に自信をなくしてしまうかもしれません。「あの男性、すごい筋肉だね。でもちょっと並んで歩くのは嫌かな~」なんて笑って一言付け加えるだけで、彼のプライドを無駄に傷つけてしまうことを防げるはずです。

大事なことは、普段の会話から「そのままのあなたが好き」というメッセージが伝わることです。小さな子供だって、誰かと比較されれば傷つきます。誰かと比較される、それは遠回りに今の自分を否定されていることと同じことです。彼は彼。ほかの誰にも変えられない存在です。誰と比較することなく、大きな器で彼を受け入れてあげましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る