「愛している」なんて必要ない!?

日本人は愛情を言葉で表現しないとよく言われます。「好き」とか「愛している」とか、思っていても口には出せない人は多いはずです。

時々はそういった言葉で愛情表現をするのもよいかもしれません。ですが、気恥ずかしくて無理、という人はそれでよいのです。借り物の言葉をぎこちなく口にしなくても、愛情を伝える身近な言葉はいくらでもあるのですから。

たとえば、「ありがとう」です。好意がなくては出てこない言葉ですよね。何かを買ってもらったとき、あなたの頼みごとを彼が聞いてくれたときに言うのは当然です。それ以外に、彼が言われると予想していないタイミングでも言いましょう。優しい言葉をかけてくれたなど、ちょっとしたことに対してさりげなく、が効果的です。

喧嘩のあと、彼が意地っ張りでなかなか「ごめんなさい」を言えないときには、あなたから先回りして言ってあげましょう。ただし、相手が深く反省しているのを確認してからです。

彼におごってもらったときには、「ごちそうさま」をお忘れなく。それも、会計を済ませたときと、別れ際、そして家に帰ってから電話かメールで、の三回です。近いうちにまた会う予定があるのなら、そのときに直接でもよいでしょう。思いがけず丁寧に感謝を繰り返されると、彼は自分が大事にされていると感じて、あなたのことも大事にしたいと思うはずです。

反対に、男性に言ってはいけないのは、不平、不満、文句です。男性は女性からこの三つを言われるのが、何より嫌いです。

「あなたが何をしてくれないからわたしは不幸なの!」と責める態度は相手を息苦しくさせます。あなた自身もかえって辛くなるはずです。お互いの感情を害すためだけの言葉に何の価値があるのでしょうか。

直してほしいところがあるなら、不満ではなく提案として言うべきです。生きていくうえで、言葉は欠かせません。どうせなら傷つけ合うのではなく、二人ともが前向きな気持ちになれる使い方をしたいものです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る