気持ちがつながるお金の使い方とは

気持ちがつながるお金の使い方と言えば、次につながるお金の使い方をする事でしょう。ビジネスにおいても、友情においても、恋愛においても、次にまたこの人と一緒に居たいと思わせるお金の使い方です。損得で関係をつなげるお金ではなく、気持ちがつながるお金を使う事が、価値のあるお金の使い方だと言えるでしょう。

人に感謝されるお金は次に繋がっていきます。自分自身の事を考えても、自分をほめてあげようと思って何かを購入したお金は、いつになっても想い出の消費となって心に残るもの。無駄遣いと言われて買ったものは、すぐに飽きて押入れの奥で眠らせる事になり、いつしか忘れ去ってしまうかもしれません。

美味しいものをご馳走になっても、相手が偉そうな態度であればおいしくないでしょう。恩着せがましくお金を使われても、そんなものは突き返してやりたい気持ちにさせられます。割り勘にした時でも、気持ちの良い時と、気持ちの悪い時がないでしょうか。

相手を本当にケチだと思う時もあります。なんと人間が小さいのか、と今までの評価を全て帳消しにしてしまう事もあるでしょう。たった一杯のコーヒーが原因となって、人間関係に疑問の火がともる事があるかもしれません。

他人に対しても、自分に対しても、ありがとうという感謝の気持ちを込めてお金を使えば、絶対に次につながっていくと言えるでしょう。お金を使う側が、ありがとうと感謝の気持ちを込めた時、そのお金はいい人間関係に繋がっていくと思っています。でも、それを意識しすぎると打算になってしまいます。まずは、心の中でありがとうと感謝してお金を使ってみてはいかがでしょうか。同じ金額のお金でも価値が変わってくるはずです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る