頑張り過ぎてみるのが時には良い結果を生むことも・・・

がんばるのが辛くなってしまった時はもっと頑張ってみる。感覚がなくなるくらい頑張ってみてはどうでしょうか。例えば失恋した後、泣いて泣いて、そのうち泣く事に疲れて無心になったとき、立ち上がれる自分に気づいて驚いた経験があるかもしれません。

中途半端な哀しみや涙の痛みのほうが、ずっと長引くものです。むしろとことん悲しんだ方が、早く楽になれると思います。痛みにしても度を超えれば痛いと感じなくなるでしょう。それと同じで、もうこれ以上一歩も前に進めないと思ったら、最後の力を振り絞ってがんばってみるのです。心の「糸」のようなものが、プツンと切れる音を確認する位頑張ってみましょう。

すると不思議な事に迷いのない未来が見えてくるはず。人間は限界までくると、その先に間違いなく何かを見つけ出すもの。何を、どうすべきなのかが見えてくるでしょう。頑張りすぎて倒れる事もあるのですが、倒れた後にはきっと何かが待っているのです。

一方、中途半端に頑張って、辛くなったから方向転換しようとすると、間違った道を選んでしまうケースが多いように思えます。中途半端な努力は、中途半端な結果しか招かないのです。結局、辛さの種類が変わるだけで、何の答えも出せないまま、横道へそれていってしまいます。

最後の最後までかじりついて、もう駄目だと思っても頑張ってみるのが良いでしょう。頑張るのがつらくなるというのは、「迷い」が生まれたという事なのです。「迷い」を消して、その「先」を教えてくれるのは、後もう一歩分の頑張りである事は間違いないと言えるでしょう。体と相談したうえで、頑張り過ぎてみるのが時には良い結果を生むこともあるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る