女性は喫煙する事で恋愛の範囲が確実に狭くなります

男性は煙草を吸っている女性を嫌う傾向にあります。世界的に見ても、喫煙者は減少傾向にありますが、日本も禁煙スペースや禁煙タイムが増えてるように、煙草は時代にそぐわないと言えるでしょう。

男性は、時代の変化を敏感に察知し、建設的に生きようとするもの。煙草が自分の体にも他人にも害を及ぼすとわかり、さらに、米国などで禁煙する人が急増していると知って、禁煙を始めました。実際男性の喫煙者は激減しています。葉巻やくわえ煙草がかっこよかったのは昔で、今は煙草はかっこ悪いのです。ですが、女性の喫煙者は逆に増えています。

男性がかっこ悪い、体に悪いとやめているのですが、体を大切にしないといけない女性の方が吸い始めてどうするのでしょうか。煙草を吸いたがる女性には2種類いるようです。

夫を家に置いて、高級料理店で友達と食事をしているおばさんが、煙草を吸っていない所を見たことがないかもしれません。煙草の煙は食事中のお客さんの口の中に入っていきますが、無神経なおばさんはそんなことはお構いなし。

OL生活が長い喫煙をする女性が、昼休みに同僚と食事に行ったときも、食後の一服は欠かせないもの。若い女性が興味本位で吸っているのも、男性から見ると滑稽でしょう。メイクルームは煙が充満し、煙草を吸わない人の服に臭いが移っています。つまり、人に迷惑をかけているのです。何より煙草は恋愛に不向きだといえるでしょう。

男性は女性の清潔感を好きになるものです。綺麗に洗った髪の毛の香り、女性特有の柔らかな匂い、それらは女性の魅力として男性を激しく惹きつけるのでしょう。しかし、煙草を吸っていたらせっかく洗った髪の毛も、香水をつけた肌からも、煙草のにおいしか漂いません。煙草を吸っているとそれだけで、確実に恋愛の範囲は狭くなるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る