さりげない優しさが大切な人に響く

女性の優しさとは何でしょうか。人は自分に優しくされているよりも、他人や動物を優しくしている所を見る方が好きなもの。好きな人が病気になったり、疲れていたり、悩んでいたりする時に看病したり、優しい言葉をかけたりするのは、女性としてというよりも人として当たり前の事でしょう。

ですから、病気になった時に、寝ずに看病してもらえばそれは感激するのですが、もっと関心するのは、電車の中でお年寄りに席を譲ったり、雨に濡れている野良猫に傘をさしかけてあげたり、そんな些細な事を自然体でしている女性と言えるかもしれません。

例えば、飲み会で一人気分が悪そうにしている人がいるとしましょう。

私が「あの人、大丈夫かな」と心配していたら、彼女も「あの人、飲みすぎなんじゃないかな」と同じことを思ってくれているのです。ある男性が、保育園の先生をしている女性と遊園地に行ったときの事、親とはぐれて泣いている子に、当たり前のように声を掛けて優しくしている姿を見掛けた時、すごいなと感心したようです。男性は子供に話しかけるのが苦手。余計に泣かれると怖いとも言っていました。

野良猫が良く道端で亡くなっている事があります。それに無関心な女性もどうかと思います。泣いてとは言わないですが、一言くらいはほしいかもしれません。仲間でサッカーを見に行ったら、会場が寒かったとします。みんなの温かい飲み物を買いに行くのは男性の仕事ですが、それを手伝う女性は好印象を持たれるでしょう。男性の仕事(役割)をフォローする女の子は好かれるからです。

男性の喧嘩を止めてくれる女性も偉いと言えます。怒っても良いし、泣きじゃくっても良いし、腕ずくで引っ張っても良いのです。男性が暴走した時は母親になるのが良いのでしょう。会社なら、残業で疲れている皆にお茶を淹れたり、顔色が悪い人がいたら気遣ったりする女性は素敵なのです。

優しさに女性も男性もありません。「女性だからここで優しくするのは平等じゃない」なんて考える人は、もう女性である前に、人としてどうかと思われてしまうでしょう。優しさとは自分を犠牲にして、他人に与えるものなのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る