幸福感は積極的に伝えていきましょう

性行為をするのであれば、楽しくお互いが集中してしたいですよね。けれど男性は繊細です。少しストレスを感じるだけで性行為ができる日とできない日に分かれてしまいます。そんなこと女性は知りえないでしょうから、自分の気持ちのままに求めてしまい、結果うまくできなかった男性をさらに精神的に追い詰めてしまうことがあります。

その精神的苦痛は女性が想像するには余りあるほどで、場合によっては彼女であってもそれ以降の性行為が苦痛になることさえあるのです。もちろん大好きな彼と性行為のためだけに付き合っているのではないとはいえ、全くできないのも寂しいものですよね。そこで、次のことに特に気をつかってあげてください。

まず、誘おうと思うのであっても彼が疲れていないか、仕事などのストレスでつらそうにしていないかを観察してください。それを見抜けないようでは少し付き合い方を変える必要があるかもしれませんね。そこで彼が疲れているように見えたら、無理に性行為に持ち込むのはよくないといえます。どれだけあなたの気持ちが高まっていても我慢しましょう。

けれど、本当に愛し合っている2人なのであれば、性行為に及ばなくてもハグひとつで幸福感を感じることができるはずです。彼を癒してあげてください。そこで性行為などしなくても一緒にいられるだけで幸せ、という気持ちを全面に出し、彼を安心させてあげてください。女性は彼と一緒に過ごすだけでも幸福感を十分に得ることができるというデータがあります。

付き合って間もない頃は特に、腕が触れ合っただけでもドキドキした覚えはありませんか。性行為でなくても、先にあげたハグに加え、キスなどのスキンシップなどできることはたくさんあります。

このように女性が幸福感を伝えていけば男性のプレッシャーは和らぎ、いざ性行為をするときも余計なストレスなく楽しくすることができるでしょう。このように女性は男性を思いやる気持ちを大きく持ちましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る