相手の財布に配慮できる人になる

彼氏とランチやディナーに行く時、どこへ行きたいですか?やはりおしゃれな高いお店?中には庶民派で近くの定食屋さんで…というカップルもいるかと思います。日によって「今日は〇〇が食べたいな」と思う人もいますよね。では、それはどのようにして決めますか?

男性は好きな女性やアプローチしたい相手に奢ってあげたいという気持ちを常に持っている生き物です。そして彼女であればその気持ちに十分甘えてよいと言えるでしょう。ですがもちろん、奢ってもらえるから好きなものを食べる、という考え方をしてはいけません。そんなことをしたら彼に興味をなくされてしまいます。

なぜなら、あなたといるとお金がなくなるから。誰だって財布事情はいろいろありますよね。給料日前であるとか、大きなイベントを控えているから残して置きたいとか・・・。それらをうまく汲み取ってこそ、素敵な彼女となることができます。

具体的に何をすればいいかというと、至ってシンプルです。彼に「どこに行きたい?」「何が食べたい?」と聞いてあげてください。その答えによって、だいたいの予算を知ることができます。それが例えば極端にファストフード店だったとしても、あなたは怒ってはいけません。決して余裕があるわけではない中からも、あなたと一緒にいたい、あなたにご馳走してあげたいという気持ちの現れだからです。

さらに安いものであることを気にしてあなたをすごく褒めたりしている時には、絶対にあなたがどうでもよいから安い店を設定したわけではないことを申し添えておきます。

彼がピンチなときは一緒に寄り添い付き合える女性こそ、結婚相手として位置づけられる可能性も高くなるのです。確かに、経済感覚がズレている相手とはうまくいきにくいと感じますよね。特に男性は、結婚後は女性にお財布を任せたいと考える人も多いですから、今のうちからきちんと気遣えることをアピールしておくことが大切だと言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る