魅力的な女性は昼と夜で変化する人

性行為の際、恥じらいを持つ方が女性らしい、好かれる。そう思っている女性は少なくないと思います。実際、派手な子より大人しい子が好きという男性もいますね。しかし実は四六時中おとなしいというのは逆効果と言ってもよいでしょう。いくら昼間はバリバリのキャリアウーマンな人でも、夜は本能のままに行動できる人がよいのです。

では具体的にはどうしたらよいのでしょうか?

まずは、かたくなに電気を消すことを要求しないことです。自分の身体にコンプレックスがある、体型を気にしている、はたまたムードのために・・・。暗くするのにも様々な理由があるかと思います。しかしこれは女性が自分のためにすること。男性側からすると、明るいほうが落ち着くのです。

もちろん女性の顔や身体を見たいという願望もあるでしょうが、もともと男性は本能的に敵から身を守るという意識が常に働いているため、暗いと落ち着かなくなってしまうのです。双方の同意、意思がある場合を除いて、特に男性が明るいままを望んできたときは素直に受け入れることが必要と言えるでしょう。

次に、最中の言葉を用いたコミュニケーションです。ここでも恥じらいを少しの間捨て去り、自分の気持ちを伝えてください。ただ喘ぐだけであっても、男性は音からも興奮を得ることができる生き物なので、相手の声を聞いて嬉しくなり、さらに頑張ろうという気持ちになります。また、自分が満足していることを伝えてあげることで、男性もほっとして求めてくれるでしょう。

さらにステップアップとして、褒めることも効果的といえます。難しい言葉はいらないので「すごい」と伝えてあげてください。それだけで男性は自信をつけ、またしたい、と思ってくれます。こう思ってくれれば楽しい性行為生活の始まりだと言えるでしょう。最近よく聞くセックスレスなどで悩まなくてもよいように、彼の喜ぶ性行為をしてあげてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る