奢ってもらっていいのは彼氏だけ

「割り勘にしてくる男とか、ありえない」「男なら女に奢るのは当たり前だよね」と平気で言う人がよくいます。実際私の周りでも「〇〇に連れて行ってもらった」と嬉しそうに話す人や、男友達に「奢ってよー」と甘えている女性を度々見かけます。あなたはどうですか?

しかし、その行為が危険である場合があるのです。相手が彼氏や旦那などならよいのですが、誰にでも言ってしまう人は要注意。ましてや、もし好意の全くない人にも言ってしまうという人は最悪と言えます。モテる女の子ほど、奢ってもらえるのをいいことにおねだりしてませんか?

男性は、気前よく奢っているように見えても見返りを求めている場合が多々あります。全員がそうではないですが、性行為を期待して奢る、という人もいるようです。「私がいつも遊んで、奢ってもらった人はそんな人じゃない!」と思う人もいるかもしれませんが、悲しくもそういう面を持ち合わせているのが男性。一度見直してみませんか。

具体的な金額を挙げるのであれば、平均的には2,000円までであれば諦めることが多いとされていますが、3,000円を超えるくらいであれば注意しましょう。そして仮に1万円を超えるような場合には、男性は確実に元を取りたいと考えます。

このチャンスを伺うからこそ、よく奢ってくれたりするわけですね。時々付き合えない・性行為ができないとなったときに「今までのデート代を返せ!」と喚いた男性の話を聞きますが、これもこのような考えから来ているに違いありません。

楽しく遊んでいたはずが、このようなすれ違いから恨みに変わる…なんて嫌ですよね。近年は思い込みによって女性に尽くしていたけれど振られた腹いせにストーカー…などという事態も発生しかねません。そのためにも、気のない男性とのランチ・ディナーの際はなるべく割り勘を申し出るようにしたほうが無難と言えます。押し切られそうという人は一緒にご飯に出かけるのも控えたほうがよさそうですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る