恋愛中の心模様~何故、幸せな気持ちで満たされるのか~

好意を持っていた人と結ばれたとき、あなたはどんな気持ちになりますか?

好きな男性と付き合うことになった、恋が成就したわけですから、浮足立つぐらい嬉しくなるかと思います。そして、恋愛中のなんともいえぬ「幸福感」で満たされ、目に映る世界が鮮やかに感じることでしょう。

いつもの景色が素晴らしいものに見えたり、憂鬱な通勤が苦でなくなったり、普段ならイライラするような上司の叱責すら軽く流せるぐらい心に余裕が生まれます。当然、付き合うことになった男性もより一層輝いて見え、そんな素敵な男性と付き合うことになった自分もまた輝いていると認識するはずです。

しかし、何故ここまで幸せを感じることができるのでしょうか?

単純に「好きな人と結ばれたから」と皆さんは答えるかと思います。では何故、好きな人と結ばれることで、そこまで幸せを感じられるのでしょうか?

それは自分自身の魅力を確認できたからです。

「あの素敵な人と結ばれた」ことで、「自分にはそれだけの価値がある」と認識し、自分の魅力を確認することで、絶対的な安心を得ます。それにより、一人身のときにはなかった余裕が生まれ、世界がガラッと変わったように見えるわけです。

これは男性の場合も同じです。多くの女性と関係をもった男性、俗に言う「女たらし」で考えると、女性と付き合うことは好奇心や性欲、支配欲などを満たすだけでなく、「男としての魅力」を実感したいがためと言えます。当然、その数が多ければ多いほどに自分の魅力に自信を持ち、また魅力が衰えていないことを再確認しているのです。

「女たらし」に限らず、多くの男性は「モテる」ことで自分の魅力を実感します。バレンタインデーのチョコレートの数を競うのがいい例です。ただ、大部分が「女たらし」のような行動力や、口説きテクニックを持っていないだけ、といえます。

つまり、男女関係なく「恋愛が成就する」ことは「自身の魅力を確認する」ことであり、それにより幸せを感じているわけです。

関連記事

ページ上部へ戻る