男性は理解してくれる女性を選ぶ~認めることが大事~

男性が女性を口説くとき、頭の中はその女性とのセックスのことでいっぱいになっていて、性格や細かいことはさておき「どうにか口説いて、セックスしたい」と考えます。そして、数度セックスをしたときに初めて自身に魅力があることに安心し、女性をじっくり見定める余裕が生まれます。そこでようやく、恋人にするか否かのジャッジがされるわけです。

セックスに持ち込んだ女性がその男性にとって「どの程度の女性」なのかは、口説く段階ではハッキリしていません。当然、顔やスタイルなどに男性の好みがあって口説いたのでしょうが、内面的な部分を含め、彼女のことはほとんど理解していません。

目的を果たして、自分の魅力を確認して、自己満足に浸りながら女性を眺めるわけです。

結果、「付き合うに値しないかな」と思われれば、いわゆる一夜限りの関係で終わることもありますし、「とりあえず付き合ってみるか」と軽い気持ちで付き合い始めることもあれば、「こんないい女はいない」と即決することもあります。

では、男性は女性の何を見て決断しているのでしょうか?

このような書き方をするとショックかも知れませんが、実は女性自身を見ているわけではありません。その女性といることで、「どれだけ自分自身を好きになれるか」、「価値を見出し、男としての魅力を確信することができたか」が重要なのです。

もし、女性が男性を認めて、受け入れた上でセックスに至り、そのあとも彼を理解しようと向き合っていれば、男性はそんな女性の健気さや優しさを無意識のうちに感じ取って、その女性と一緒にいることをプラスと捉えるでしょう。しかし、女性が男性をないがしろにし、セックスの際も乗り気でなく、彼に興味すらないような素気ない態度をとったなら、男性はその女性を選ぶことはありません。

男女関係なく、人はみな自身の良さを認識したいのです。そのためには、他者を通して自分の魅力を確認する必要があり、自分の存在が認められると安堵するのです。

ですが、そうそう自分を理解し、認めてくれる人には出会えないのが現実です。だからこそ、そのような女性が現れると男性は有頂天になり、安堵し、幸福を感じ、彼女を大切な存在だと思うようになるわけです。

関連記事

ページ上部へ戻る