相手の告白から始まる恋もでも、本当の愛を掴める

相手に告白されてから始まる恋愛。

もともと自分からの愛情はそこに無かったはずなのに「告白されたから相手を好きになる」という流れは、果たして本当の愛情なのでしょうか。

これも「本当の愛情」だと断言して良いものです。

「愛情」というのは、ひとつの無機質な塊ではありません、その時その状況に併せていくらでも変化をするものなのです。例えば凄く嫌いな相手でも、共通の趣味を見つけたら少し親近感の情が湧いたり。自分の好きなアクセサリーを貰えたら、嬉しさと共に情が湧
いたり。・・・このように小さなものから大きなものまで愛情というものは日々変化をしていくものです。

相手から「好きだ」という真っ直ぐな愛情をぶつけられ、そこから自分の気持ちが燃え上がっていく事は決しておかしな事ではありません。

逆に「好きだ」と言われ、そこから相手が生理的に嫌いになってしまうというケースもあります。これは根本からお互いが合わないゆえの結果です。そうではなく、相手に対して少しでも「付き合いを考えてみよう」という情の念があるのであれば、いくらでも愛情を育てて行くことは可能です。

愛に繋がる扉はいくつもあります。最初の入口が人とは違う場合も、最終的に本当に心から愛する相手との道へと繋がっていれば良いのです。自分にとってゼロの状態から愛を育てていくのも、また素晴らしい人生経験になります。素直な愛情を向けられた時は、自分の気持ちと相談をしながら、少しその人との未来を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る