「誠実な惚れっぽい人」は大いに結構

あなたは惚れっぽい方ですか?世の中にはとても気の多いタイプの人がいます。すぐ人を好きになり、付き合い、飽きてしまえばすぐ別れ、そしてまたすぐ他の人を好きになる。中にはそんな人もいるでしょう。果たしてそのような人は幸せなのでしょうか?

「惚れっぽい」は、多いに結構だと思っています。人を愛すると言う事は素晴らしい事です。いろいろな人の魅力を発見して、それを愛するなんて素敵な事です。惚れっぽい人は、他人の魅力を発見するのが得意なのだと思います。

また、人を愛する事で、その人自身も成長します。是非いろんな人を愛してください。ただし、「誠実に」です。相手に必要以上の期待感を持たせたり、最後に傷つけたりするような恋愛はいけません。相手を思いやることは、人間としての当たり前のルールです。

このルールを冒す恋愛はいけません。人間としての当たり前の道徳を守り、「誠実に惚れっぽい人」であれば、それは決して不実な人ではありません。大いに恋愛を楽しんでください。

惚れっぽい人の恋愛が長続きしないのは理由があります。

惚れっぽいタイプの人は他人の魅力を発見するのがうまい半面、その一点だけを集中して見る癖があります。その人の魅力的な部分だけを愛してしまうのです。

しかし、相手も人間なので嫌な部分だってあります。その嫌な部分が目につくようになると急激に冷めてしまうのです。そんな惚れっぽい人も、いつか相手の嫌な所を分かった上で、「それでも一緒にいたい」と思う人に出会えるかもしれません。

それまで、相手を思いやる心を忘れずに、どんどん人を愛してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る