恋愛は勝負?あなたは何に勝ちたいの?

先日、友人と食事をした時のことです。

「私、例の彼にフラれちゃったんだよね。悲しいっていうか・・・、なんだかすっごい悔しくって!負けた!って感じなの」

彼女は笑顔が可愛くお洒落で、女性の目から見てもとても魅力的です。今までにも言い寄ってくる男性は多かったため、「どうして私が?」と余計に悔しかったのでしょう。

「次は絶対、彼よりもいい男をつかまえる!」と宣言していました。

最近、私のまわりにこのような女性が増えているように感じます。

皆そこそこの美人で魅力的。告白されることも多く、それなりに自信があります。
それなのに本命の彼とはどうもうまくいかない。

そんな彼女達がよく口にしている言葉。

「相手から好きって言わせるまで待つ。こっちから言ったら負け!」
「連絡したいけどできない。先に連絡したほうが負けだと思うから・・・」
「もうダメなのかも。だったら自分から先にサヨナラしたい。フラれるのは悔しい!」

ずっとこの調子では男性のほうも付き合いきれず、いつの間にか気持ちが離れ、そのうち他の女性にとられてしまっても仕方ありません。

彼女達は「負けたくない!」とつまらない意地を張り、一人で空回りしているように思えます。そしてついには「どうやって恋愛していくのわからなくなった・・・」と嘆くことになるのです。

彼女達がこだわる「勝った」「負けた」そもそも恋愛に必要でしょうか?

男性から常にアプローチを受け、自分が優位に立つことができれば「勝ち」なのでしょうか?それであなたは満足できるのでしょうか?

若くて綺麗なうちはそれなりに男性は近づいてくるでしょう。でも恋愛はお互いの内面を理解し合うもの。相手との勝負ではありません。

男性はそんなあなたをしっかりとみています。

20代~30代と歳を重ね、外見も変化していった時、いつまでも恋愛に相手との勝ち負けを持ち込んでいると「なんだかイタイ女性だな」と判断されてしまいます。

意地を張った姿が可愛いのは20代前半まで。自ら、自分の価値を下げてしまうのはもったいないですよね。

本当に好きになった男性と素敵な恋愛ができるよう、このような幼い恋愛観からは卒業しておきたいものですね。

関連記事

ページ上部へ戻る