カップルが似てると思うのはなぜ?

街中で見かけるカップル、「どこか似ているな」と感じたことはありませんか。男女が一緒に歩いていて、不自然だなぁというカップルにはあまり出会いません。

カップルが似ていると思うのはなぜなのでしょうか。

■似ている男女は多いのか

株式会社リクルートは20~60代の既婚者1,000人に対し「夫婦関係調査」を実施しました。

調査内容は「自分たち夫婦を一言でいうと、どんな関係ですか?」という質問です。

その結果、最も多かったのは「ともだち夫婦」という回答で124人「なかよし夫婦」が続いて116人、「似た者夫婦」が72人でした。

このような結果をみても、夫婦感で「似ている」ことを実感していることが分かります。カップルが似ているのは、似た者同士が惹かれあっているからなのかもしれませんね。

■どうして似た者同士が惹かれあうの?

似た者同士が惹かれあうのはどうしてなのでしょうか。

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、恋愛にも当てはまる言葉なのかもしれません。

よく一緒にいる友達は「どこか自分と似ているな」と思ったり、感じたりすることもあるでしょう。

それは性格であったり、あるものに対する考え方だったり、もしかしたら行動も似ているかもしれません。

自分のことを気兼ねなく打ち明けられる関係なのは、似た者同士だからなのではないでしょうか。

ある結婚相談所が行った調査でも、気になる結果がありました。

相談所から紹介され、結婚までに至ったカップルの共通点は「ものごとを表現するときに具体的か抽象的か」「行動が真面目か行き当たりばっかりか」などの性格の項目で回答が一致したカップルだったのです。

もしかしたら、人間は無意識に自分に合う人を選んでいるのかもしれません。

このような傾向を心理学でマッチング・セオリーと呼ぶそうです。

今気になっている人も、どこかで自分と似ているなと感じたのかもしれませんね。

■似た者同士の関係はうまく続くのか?

カップルが似た者同士なのはお互いにどこか似たところに惹かれ合っている。ということはわかりましたが、似た者同士の関係は長く続いていくのでしょうか。

似た者夫婦は上手くいくと言われていますが、無意識にお互いの欠点を補いあっているのでしょう。

似ているから長続きするのではなく、お互いにリードしたり従ったりする関係がバランスよく築かれているのだということです。

相補的な関係の夫婦は長くうまく続いていくのです。

このことは心理学者ウィンチが行った調査でも結果が得られています。

カップルが似ているなと感じるように、性格や考え方が似ていることはとても大切なことです。

そのことを踏まえた上で、良いところを引き立てたり、悪いところを補う関係は仲良しカップルになる条件になりそうですね。

趣味が同じ、性格が似ていると、相手の男性に惹かれる女性も少なくありません。そのような共通点から話題を作って、少しずつ深い話をしながら、彼との距離を縮められるようになるといいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る