あなたは本当に本命?彼の「2番目」になってしまわないために

大好きな彼にとって、一番大切な人でありたい。女性ならば誰しもそう思うはずです。

しかし残念ながら、あなたがどれだけ彼のことを愛していても、彼のほうがあなたを心から愛しているとは限らないのが現実。

世の中には、単にキープされているだけの女性も多いのです。

彼の最愛の人になるためにはどうしたらいいか、以下にまとめました。

付き合っていないなら体を許さない

気になっている彼といい雰囲気になったとしても、「付き合おう」という言葉を彼のほうから聞いていない限りは体を許してはいけません。

それをしてしまった時点で、彼からしてみたらあなたはただの軽い女、遊べる女になってしまうのです。

その場の勢いに流されないよう、理性的な心を持ちましょう。

優柔不断で彼にNOと言えない

自分で何かを決めることができない、彼の言ったことには何でも素直に従ってしまう。

そんな方は要注意です。

自分の意思をしっかり持っていない女性は、男性からしてみても話していて楽しくない相手ですし、「2番目としてキープしておいても文句を言わないだろう」と軽く見られてしまうことも。

自分の意見は自分ではっきりと伝えられるようにしましょう。

八方美人で誰からも良く思われたがる

人間は皆、誰かから好かれればその一方で誰かからは嫌われるものです。

それは当たり前のことなのに、皆から好かれようと思って愛想を振りまいていませんか?

男性は八方美人な女性のことを、「どうせ俺以外にもいい顔をしているんだろう」と思って本命にはしたがりません。

また、相手によって態度を変えるのも、信頼できない原因となってしまいます。

人から好かれる努力を怠る必要はありませんが、自分を嫌いな人もいるということを素直に受け入れられるようになれるといいですね。

考えを読まれやすい

何を考えているかすぐに顔に出てしまう女性も、本命にされないことが多いもの。

それは、相手に心理を読まれて簡単に落とされてしまうから。

簡単に落とせてしまう女性は面白みがないですし、興味本位や遊び目的の男性に声をかけられることも多いのです。

もちろん、こればかりは性格なのですぐに変えられるものではありませんが、代わりに恋愛について気兼ねなく相談できる友達を作る、行動に移す前に考える時間をとるなど、自分で意識してみると良いかもしれません。

遊ばれてしまう女性は、自分では「遊ばれている」なんて思っていないことが多いものです。

今回の記事を参考にして、自分は遊ばれるタイプかそうでないか、一度じっくり考えてみると、これからの恋愛がうまくいくでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る