そのコンプレックス、実は武器かも?誰も知らない人気の秘密

突然ですが、皆さんは自分にコンプレックスがありますか?

多くの人はYESと答えるでしょう。誰にでも1つや2つは弱点や誰にも見せたくない一面があるものだと思います。

しかし、あなたがコンプレックスだと思っているその特徴も、実は男性から見たら逆に長所だったということが少なくありません。

コンプレックスだらけで恋愛に積極的になれないそこのあなた。この記事を読んで、自分に自信をつけましょう。

低身長

身長が平均に届かないことで悩んでいる女性はきっと多いはず。

でも、男性は意外にも高身長の「モデル体型女子」より、背が低い女の子のほうが好きだったりします。

それはおそらく、男性の庇護欲を煽るから。

小さくて華奢だと、自分がいてあげないとダメだ!と思わせる効果があるんですね。

また、並んで歩いている時に女性の身長が低いと、自分の身長が高く見えて嬉しいという人も多いようです。

童顔

丸顔で垂れ目がち、いわゆる童顔だと日常生活でちょっと困ることもありますよね。

成人なのに学生だと思われたり、顔のことをからかわれたり・・・自分も大人っぽい顔立ちだったらこんなことで困らないのに、と思う方は少なくないでしょう。

しかし恋愛においては童顔だと逆に助かることだってあるのです。それは、男性に気軽に話しかけられやすいということ。

美人な見た目だと、男性は「自分なんかが関わってもいいんだろうか」と引っ込んでしまいがちですが、童顔なら妹感覚で気軽に話しかけてもらえます。

「妹じゃ恋愛対象にならない」なんて心配する必要はありません。

恋愛においては何よりも多くの人と関わることが重要。たくさんのきっかけの中からチャンスを掴んでいけばいいだけなのです。

貧乳

男性というとやっぱり胸が大きい女性を好むイメージがあります。ですが男心とは難しいもので、逆に巨乳すぎる女性も苦手なんだとか。

それに、そもそもこれは一般論に過ぎず、大多数の男性は一旦誰かを好きになったら、その人の見た目がどうであろうとあまり気にしないもの。

中には、胸が小さいとどこか幼く見えるためか、貧乳の人を好きになると「禁断の恋」に足を踏み入れている感じがしてドキドキする、なんて人も。

きっと、気にしすぎてくよくよする方が損なんでしょうね。

こちらが思っている以上に、男性はあまり女性のコンプレックスなんて気にしないものですし、逆にそこに萌えてしまうことも少なくないことがわかりました。

それならば、どんな見た目であっても胸を張って男性と関わってけば、自然と恋は生まれてくるというものです。

コンプレックスを改善しようとするもの大切ですが、まずはそんなもの忘れてしまうところから始めたほうが気楽でいいかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る