そのメイク、実はNGかも!男ウケのいい顔って?

朝出掛ける前、念入りにメイクをする方は多いと思います。

人間見た目じゃないとは言っても、やっぱり第一印象は大切。ついつい頑張ってメイクをしてしまうのも頷けます。

でも、外出する前にちょっと待って。そのメイク、本当にウケがいいでしょうか?

今回は男性ウケのいいメイクと悪いメイクについてご紹介しようと思います。

ベースメイク

男性が一番こだわるのが女性の肌の綺麗さ。

でも、だからといってファンデーションや粉を塗りたくってカバーすれば良いというものではありません。お肌のコンプレックスを隠そうとすればするほど、厚化粧になってしまいます。

不自然なほど滑らかな肌よりは、多少カバーしきれない部分があってもすっぴん感のある肌の方がずっとモテます。

思い切って下地とパウダーだけでベースメイクを済ませ、その分日々のケアに気を回すのもひとつの手ですよ。

アイメイク

目は大きくてぱっちりしている方がいい!というあなた。

確かにデカ目は女性みんなの憧れです。

でも、デカ目を求めすぎてアイシャドウが濃くなってしまったり、アイラインをがっつり引いたいわゆる「囲み目」メイクになってしまったりしていませんか?

これらのメイクは確かに目を大きく見せる効果があるかもしれませんが、男性には不人気です。

アイシャドウは薄い茶色を単色で乗せて淡くグラデーションを作って。アイラインは目のキワに細く引きましょう。涙袋は強調しすぎると逆に浮いてしまうので、目頭に明るい色のシャドウをちょんちょんとつける程度に。

女の子らしくふんわりした目元を目指しましょう。

チーク

特に丸顔な方は、顔を細く見せるために大きく縦長にチークを入れることが多いと思います。

しかし、あまり縦長だと顔がシャープでキツイ印象になってしまい、男性は苦手に感じてしまうことも。

正解は柔らかいピンクのチークを、頬の高い部分に丸く乗せるのが◎。

また、あまり濃すぎると「ダサい」という印象を与えてしまうので、多少血色がよく見える程度にうっすらとつけるのが良いでしょう。

リップ

セクシーな口元は女性の憧れです。しかしそれを追い求めすぎて、派手な色の口紅をつけていませんか?

真っ赤な口紅はギャルっぽい印象を与えてしまって、男性にはあまり好まれません。

それに対してピンクやベージュ系のナチュラルな色だと、落ち着いて可愛らしい雰囲気が出るので人気です。

グロスはあまりつけすぎないように、ほんのり艶が出る程度にとどめておきましょう。グロスの代わりに唇パックでぷるぷる唇を手に入れるのもいいかもしれませんね。

いかがでしょうか。

男性に人気のあるメイクのコツは、控えめで清楚な印象を与えるよう意識すること。

また、女性の一番の化粧は笑顔とも言います。多少の顔のコンプレックスは笑ってごまかせるくらいの明るさがあると素敵ですね。

関連記事

ページ上部へ戻る