モテる女性は「聞き上手」!心地よい会話をするために

みなさんは、モテる女性というとどんな人を想像するでしょうか。

可愛い?美人?スタイルがいい?

もちろんそれも間違いではないのですが、実際のところ見た目だけでは恋愛はうまくいきません。

では何が重要かというと、「話していて相手が心地よいと思えること」なのです。

それはつまり、聞き上手であるということ。

今回は、聞き上手になるための練習法についてまとめてみました。

男性の趣味やファッションを理解する

男性の好みは女性にとってはなかなか理解しがたいもの。

でもそれを意識して勉強することによって、彼の話にスムーズについていけるようになるのです。

男友達から情報を貰うのもいいかもしれませんね。

常に聞き役に回る

聞き上手を意識しなければいけないのは、何も気になる男性の前だけではありません。

家族や女友達と話すときでも、意識的に聞き役に回りましょう。

そうすることによって、自然と場数を踏むことができ、聞き上手になることができますよ。

相槌の打ち方を変える

いつも「ふーん」「そうなんだ」という相槌ばかりだと、相手も話していて飽きてきてしまいますよね。

そこで、相槌の打ち方を変えてみたり、レパートリーを増やすことが必要になってきます。

「それでどうなったの?」「本当に!?」など、相手の話に興味を持っていることが示せる相槌だといいですね。

男性同士の会話に耳を傾ける

モテる聞き上手になるためには、異性の会話にも関心を持たなければなりません。

近くで男性同士が喋っていたら、ちょっと耳を傾けてみましょう。

そして自分であればどんなタイミングで言葉を挟むか、シミュレーションしてみるのです。

また、彼らの掛け合いにも要注目ですよ。

聞き下手な友達と話してみる

聞き上手になるためには、反面教師も必要。

聞き下手な友達と話してみると、どうして会話を続けにくいのかが自然とみえてくるはずです。

そして、自分であればどんな言葉を返すか考えてみましょう。その答えが出たら、すぐに実行に移せるといいですね。

最後に、自分が聞き上手になれたと思ったら、合コンなどで実力を試してみましょう。

良かった点、改善点などがわかってよりコミュニケーション上手になれるはずですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る