目指せ、「気遣い」のできる最強のモテ女!

気遣いができる女性って素敵ですよね。

職場でも友人の輪の中でも、このような女性はみんなに好かれます。また、男性にたずねてもやはり気遣いのできる女性は魅力的なんだそう。

では、このような気遣いスキルはどのようにして身につけたらいいのでしょうか。

この記事では、特に職場で実践することのできる具体的なコツをお伝えします。

●共用するものはキレイに!

まず最初に気をつけたいのが、みんなが使う共有スペースや備品を清潔に保つこと。ぐちゃぐちゃになっていたら片付ける、汚れがついていたら軽く拭いてみるなど、みんなが気持ちよく生活できるように心がけるのがコツの一つです。

このようなことが自然にできる女性は、男性から見て「家庭的・清潔」という印象を与えることができます。女性らしい細かなところへの気配りが、男性の心を掴むようす。

もちろん、共有スペースの掃除ばかりに気を取られて自分のデスクの周りが汚いようではいけませんね。いつでもどこでも、使ったところは清潔に保てる女性はポイントが高いですよ。

●話しかけるときは相手の都合を気にかけて

職場では多くのスタッフと会話を交わす機会がありますよね。このような場面で、誰かに声をかけたら取り込み中で、嫌な顔をされてしまった・・・といった経験はありませんか?

誰でも、忙しい時に話しかけられるとイライラしてしまうもの。そこで、いきなり話を始める前に「今大丈夫ですか?」と一言声をかけましょう。

これだけでイメージは一気にアップします。

いつでも相手を思いやり、その場の空気を読んで行動できる女性。このような気配りをアピールすることができれば、男性にも「理性的で穏やかで、一緒にいて安心できる女性」という印象を持ってもらえますね。

●相手をねぎらう言葉が大切

仕事が終わった仲間に「お疲れさま!」忙しそうにしている人には「大丈夫?」との一言。たったこれだけでも、周りの人の気持ちはほぐれるものです。

声掛けをする時には笑顔も大切。素敵な笑顔とともにねぎらいの言葉をかけられれば、もうひと頑張りしようかなという気分になれますよね。

相手が席を立っているなどしてその場にいないときは、お茶を入れてあげたりメモをデスクに置いておくのも効果的。

周りの様子をよく観察していて、思いやりのある女性だと評価してもらえますよ。

このような気配りを意識すべき時は、なにも仕事中だけとは限りません。遊びに行ったとき、飲みに行った時、あるいは女子会の時でも・・・。

集団の中でみんなと分け隔てなく接し、気持ちいいコミュニケーションが取れる人は誰からも好かれ、信頼されます。

早速今日から実践してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る