他人から家族になるのが結婚というもの

誰だって結婚に夢とあこがれを持っているものです。けれど、結婚は意外に地道な作業の繰り返しです。

彼からプロポーズされたあなたは、まさに幸せの絶頂にいるでしょう。

結婚式はどんな風にしよう?新婚旅行はどこに行こうかしら?と想像しているうちに、どんどん気持ちが高まっていきます。実際に計画を立て、実現していくのは大変な作業ですが、結婚式という目標に向かって一気に突き進みます。結婚式は、誰の目からも見える形になった幸せの絶頂期です。

そして、いざあこがれの結婚生活がスタートすると、あれ?なんだか思っていたの違うみたい、と違和感を覚えることがあります。

結婚前は優しかった彼も、旦那さまになった途端になんだか偉そうなのは気のせい?洗濯物を裏返しのまま洗濯機に入れないでって何回お願いしても直らない・・・、など、些細なことが気になり始めます。

これは旦那さまにとっても同じことでしょう。

恋人時代のあなたと、結婚して家事に追われているあなたとの違いを感じ始めているかもしれません。子どもは生まれた瞬間から「家族」になりますが、夫婦は結婚したからといってすぐに「家族」になるわけではありません。

それぞれ異なる環境で育った2人が、お互いの良い面・悪い面を含めて受け入れる努力をしながら、新たな関係を築いていく。それが結婚生活をうまく維持する秘訣といえるのではないでしょうか?

お互いの知らなかった面を発見した時に楽しんで、小さなことにでも2人で喜びを分かち合えるような毎日を過ごせるといいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る