まさか私たちが!離婚に至らないために結婚前に確認することとは?

日本における夫婦の離婚率をご存知でしょうか?その割合、何と3組に1組が離婚している計算になるようです。まさか、自分に限って離婚なんて・・・そう思っていても、夫婦の危機はいつ訪れるかわかりません。

そのため、結婚する前に自分たちカップルが離婚の原因となりうる問題は何かを、話し合って把握しておく必要があります。

お金の問題

結婚は愛がすべて、というのは綺麗事。愛情も重要ですが、同じくらいお金の問題はシビアです。生きていく上でお金は何よりも重要なもの。支出の種類も、欠かすことのできない食費から趣味を楽しむための出費まで、実に様々なものがあります。いざという時の貯蓄も必要ですよね。

ですから、結婚後に相手がどんなお金の使い方をするかは事前にしっかりと理解しておかなければなりません。例えば、お酒やタバコ。趣味への支出。心配な事柄はすべて確認しておけるといいでしょう。

義両親の問題

あなたの結婚する相手が長男だろうと次男だろうと、義両親とは切っても切れない関係にあります。

同居はするのか。介護や手伝いはするのか。これらの重要な問題はもちろんですし、年に何回くらい顔出しをするといいのかなども事前に知っておけると安心してゴールインに向かうことができます。

嫁いびりは極端な事例ですが、たとえこのような問題がなかったとしても義両親には気を使ってしまうもの。

お互いがお互いの家族とどう付き合うべきだと考えているかは、結婚において重要な事柄となります。

育児の問題

育児は今の時代、女性だけの仕事ではありません。専業主婦ならまだしも、夫婦ともに働くのが一般的となったこの時代、男性の協力がなくては家事や育児ができません。彼が子供好きかどうかは知っておくべきです。

もちろん、育児は単に子供が好きというだけではつとまりません。汚れたおむつを変えたり、あやしたり、夜中に何度も起こされたり。これらの困難を、本当に一緒に乗り越えてくれる相手なのかは吟味する必要があります。

自分が懸命に家事や育児をしている隣で、ゴロゴロとテレビを見られては精神的にも苦痛は大きいでしょう。

家事や育児に協力してくれるかどうかを結婚前に確認し、もし答えを渋るようなら要注意ということになります。

関連記事

ページ上部へ戻る