あなたを結婚から遠ざける悪いプライドとは?

あなたは、プライドには良いプライドと悪いプライドとがあるのを知っていますか?良いプライドとは、例えばどんな辛い状況でも逃げたりせずに誇りを持って努力し続けるような気持ちです。逆に悪いプライドといえば、たまたま生まれついて持っている家柄や容姿、資産や学歴などに強いこだわりを持ち、他人を卑下したりすることです。

良いプライドを持つ事は大切です。人間は自分を卑下していてはやる気が落ちるばかりですし、適度な誇りを持つ事で、自分に自信がついてきます。自分を愛する事にもつながります。

では、悪いプライドを持っているとどうなるのでしょうか?例えば、わかりやすい例を言うと、あなたが誇りに思っている家柄や容姿、学歴などに魅力を感じて寄ってくる男性は、本当にあなたを心から大事にしてくれるでしょうか?

確かに、あなたがそれらの学歴・容姿などの条件を満たしている間は大事にしてくれるかもしれません。しかし、何らかの拍子に資産がなくなったり、年齢を重ねて容姿が崩れたりして魅力が薄れた場合でも、相手はずっと変わらずあなたを愛し続けてくれるでしょうか?いや、きっと途中で愛されなくなる、そう思いますよね。

しかし、面白い事に、そう分かっているはずなのにいざ婚活をするとなると、「自分は○○大学卒だから、相手は△△大学卒以上じゃないと釣り合わないわ!」とか、「私は美人だから、ブサイクはごめん!」とか「私の家柄なら、大企業の社員じゃないと年収が低すぎて嫌だわ」などと相手に条件をどんどん出してしまうのです。

プライドを持つなとはいいません。ですが、まずはプライドを横に置いておいて、ピュアな気持ちで相手の人柄を知るための努力をしてはいかがでしょうか?

相手の外側だけで判断し、中身を見ないうちにその人全てを判断してしまうのは、非常にもったいないこと。あなたの悪いプライドがそうさせ、自分から結婚を遠ざけているのです。悪いプライドを捨てることができれば、あなたにもきっと幸せな結婚が近づいてくることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る