相手に選ばれて結婚する幸せとは?

何度も婚活をしているのに一向に結婚に結びつかない女性に共通する点があります。それは、全員が自分のことは棚に上げ、相手の条件を見て選ぶのが当然という立場をとっていることです。

1つの実例を挙げましょう。非常に美人の女性がいて、自分は誰にでもモテると勘違いしている方がいました。その女性は条件の良いエリートの男性ばかりを選んで婚活をしていましたが、一向にうまくいきません。自分が良いと選んだ男性は、全員誰も彼女を選んでくれないのです。

これは何故なのでしょうか?実は彼女は自分が相手を選ぶのが当然だと思い込んでおり、相手から選ばれるために努力をするということは一切していなかったのです。彼女は生活レベルを落としたくないことや、将来豊かな老後を暮らすためなど、相手の本質を見るのではなく単なるスペックとして相手を値踏みしていたのです。

美人であっても年齢を重ねればそのうち容姿は衰えます。美貌以外に衰えない心の綺麗さや何かを持った女性でないと、相手を振り向かせることはできないのだとようやく女性は悟りました。その後、女性は自分の悪いプライド、虚栄心を捨て、謙虚に考えられるようになり、相手に選ばれるような女性になるよう努力しました。

その結果、女性は以前掲げていた条件とは正反対の田舎育ちの農業を営む男性と結婚しました。今は、日焼けしても全く気にせずに、汗水垂らして男性とともに農作業をしながら楽しく暮らしています。男性からも心から愛されて幸せな結婚生活を送っているのが感じられます。彼女は虚栄心を捨てることができ、人間を輝かせる本当の意味での美しさに気づき、生きることができるようになったのです。

このように、例え美貌や資産、良い家柄を持っていたとしても、悪いプライドが防げとなって謙虚な心を持たなければ、せっかくの資産が台無しになってしまいます。あなたを本当に輝かせるのは外面的な美しさではなく、あなたの心自身なのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る