結婚のタイミングを逃しても、またタイミングはやってくる

万が一、彼と結婚できなかったとしても、大好きだった彼と結婚できなかった人に言いたいのは、結婚は全て「絶妙なタイミング」によって成り立つということ。あなたが、大好きだった彼と結婚できなかったのは、彼があなたを愛していなかったのではなく、結婚のタイミングを二人で逃したというだけ。

出逢った時期、交際期間も含めて、結婚できる時期と出来ない時期があります。女性にも事情があると思いますが、男性にももっと事情があるかもしれません。まだ将来が見えていないのに、「結婚したい」と口にする男性を信じてはいけません。そういう男性には責任感がありません。ただ好きな女性と一緒にいたいとか、結婚したら、制度に染まれるから楽になると思っているだけなのです。

会社が傾きかけていたり、仕事がなくなりそうなのに【結婚】の事を口にする男性は疑ってかかった方が良いでしょう。話を元に戻すと、結婚のタイミングは男性の決断によるところが大きいため、男性は出世していない時期に会った女性にはあまり結婚を迫らないのもの。

それがイコール、その女の子が嫌いというわけではなく、「今は結婚できない」と真剣に考えているのでしょう。ですが、そんな時に女性の方がわがままをいい、結婚を迫ると男性は引いてしまうのです。

今、目の前にいる夫は、きっと最愛の男性だと思いますが、それまでに逢ってきた男性も決して悪かったわけではないでしょう。しかし、結婚しなかった。それはタイミングが悪かっただけなのです。出逢いのタイミングです。

ですから、大好きな彼を逃して、自暴自棄になっている女性は、そんなに自分を責めなくても良いでしょう。あなたが悪かったのではありません。時の神様の悪戯なのです。結婚のタイミングは、ある日突然やってくるでしょう。いろいろな事がクリアになり、男性が決意した日です。

男性が社会的な事情で決断できなかった時期に出逢ってしまったあなたは仕方ないでしょう。またチャンスはやってきます。新しい恋をしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る