結婚しない・できない彼、彼女らの事情

女性が結婚できない理由には大きく分けて、2つあると言えます。

ひとつめは、今の時代を反映するような女性の社会進出にあります。

社会で男性と平等な立場を得ようとキャリアアップに余念のない女性は、家庭生活にも同じことを求めます。「家事・育児の分担」です。若い頃とは違い、収入的にも自立している女性に、男性の収入はさほど重要ではありませんが、その分、平等であることを求めるのです。

ふたつめは、昔から必ずいた、相手に依存するタイプの女性です。

結婚したら専業主婦になることを目標としており、いわゆる大手企業の派遣や一般職で働く女性に多く見られます。そして彼女たちは、当たり前のように、自分の倍ほどの年収を相手に要求するのです。もちろん、それを叶えられる男性など、一握りに過ぎません。

しかし逆に、男性では面白いデータがあるのですが、就職氷河期を経験し、非正規雇用で働いている男性に限って、女性には結婚後は家庭に入ってほしい、などと考えているようです。

結局、この男女間の溝は大きく、収入の多い一部の男性に女性が集まり、その他の男性は付き合うことすらできない、という現実があります。

男女ともに、このような偏った考え方を改めて、恋愛・結婚観を考え直さないことには、今の晩婚化や少子化を改善することはできないのではないでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る