なぜあなたの恋は長続きしないのか?

学生時代の恋を思い出すと、胸がキュンとなって、切ない気持ちが蘇ってきたりしませんか?青春時代の素敵な思い出ですよね。かといって今、あのときと同じ恋愛ができるかと言ったら・・・答えはNOでしょう。

若いときの恋愛と、大人になった今の恋愛とでは質が違っているのに気付いているでしょうか。若いときって、とかく「同じ」ことを求めていませんでしたか?「同じ趣味」「同じ思考」「同じ好みの食べ物」などなど。そして、それらが同じ人に出会うと「私と彼は何もかもピッタリで、相性も抜群だわ」なんて浮かれてしまうのです。

でも、こんな恋は長続きしません。同じものが見えるのは最初だけ。他人同志なのですから、違いが出てくるのは当然のことでしょう。

でも、そのときに「私が思っていた人とは違う」となってしまうのが、若い時の恋なのです。

大人になると、恋人でも所詮は他人。違いがあるからこそ、お互いを深く知ろうと努力するし、違う世界を見ることもできるということがわかってくるのです。そして、その違いを理解した人が大人の恋愛を楽しめるということでしょう。

逆に、いつまでも若い時のままの恋愛を繰り返している人には、永続的な関係を持つことは難しいのです。なぜか恋が長続きしない・・・と悩んでいる人は、一度自分の恋愛観を省みることが必要かもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る