恋が長続きしない人は飽きっぽいから?

恋が長続きしないと悩んでいる人はいませんか。一番大きな理由は、相手に求めるものが多すぎるのかもしれません。爽やかで優しい笑顔、人が憧れるような職業や肩書、人に自慢できるような彼の容姿、洗練された立振る舞いなど、どこかの国の王子様のようなイメージを相手の人に求めてしまうため、恋が長続きしなくなってしまうのです。

つき合い始めた頃は、相手の内面まで良く分からないため、表面的なことで満足します。相手の上っ面にだけ恋をしています。そのため、ひとつでもイメージが違ってしまうと、連鎖反応で何もかもイヤになってしまい、一気に恋心も冷めてしまいます。

どうして相手に求めすぎてしまい、表面だけにしか目がいかないのでしょうか。それは、自分に自信を持ちすぎているため、こんな人では自分に相応しくないと思い、自分を守ろうとするからです。

自分の外見や才能などに自信を持ち、相手の男性をふるいにかけ、自分に相応しくないと思う人を落してしまうのです。何かもそろった人でなければ、自分に相応しくないと思ってしまいます。

理想の男性と一緒に食事をしていたとして、男性が突然くしゃみをし、その拍子にグラスを落し、周りの人から笑われたとします。その瞬間に恋が冷めて、この人は何か違うから私とは合わない、と切り捨てます。

「飽きっぽいから長続きしない」と言う人は、飽きているのではなく、相手の人に多くを求めすぎているため、すぐに幻滅してしまうのです。

完璧な人間などいません、相手に多くを求めすぎず、自分を過大評価するのもやめましょう。そして、ありのままの自分で自然な生き方をしてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る