伝え上手=愛され上手=幸せ上手

あなたの周りに「何を考えているのかわからない」人はいますか?

いつも不機嫌そう。無表情。何かをしてあげても、喜んでいるようには見えない。いったい何が楽しくて生きてるんだろう、なんてちょっと思ってしまうようなタイプ。

間違いなく、損をしていますよね。

そういう人は多分自分でも、自分がどうやったら嬉しいのか、何が好きなのか理解できていないのでしょう。

一緒に食事に行った同僚が、「私これ大好きなの!」と本当に嬉しそうにお料理を食べていたら、こちらまで嬉しくなって、無意識の内に「彼女はエビのホワイトソースがとても好きなのね」なんて記憶してしまいますよね。

自分が大好きな事や心地いいと思う事、幸せな瞬間は素直に伝えてしまいましょう。あなたの飛び切りの笑顔を見れば、「彼女、あんなに嬉しそうにしてたっけなあ」と周囲の記憶に刻まれます。

と同時に、あなた自身にも「私はこんな事が好きなんだ」「こうすれば私は気持ち良くいられるんだ」と認識されます。

自分をご機嫌にするものを良く知っている女性は、それだけハッピーに過ごせるのです。自分に似合うもの、好きなものに囲まれて眉間にしわを寄せる人はいません。

きれいなものに囲まれれば、きれいになるというのは本当の事なのです。周りに興味があることや好きなものを上手に伝えておけば、それだけ誘いも多くなります。お花が大好き、絵を見ると入り込んじゃう、〇〇の作家の本に没頭している・・・関連のイベントがあれば、きっとみんな思い出してくれます。

出会いの幅もぐんと広がるでしょう。

つまり、自分の事をとても上手に開示できる人、紹介できる人は、自然と幸せを引き寄せるのです。

たくさんの人と巡り合う機会を得たいのなら積極的に、でもさり気なく自分をアピールしてみましょう。それには素直に感情を表すことが、一番の近道だったりします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る