束縛をしてくる相手をうまくかわす方法とコツ

彼からの束縛を、愛のひとつの表現として考えている人がいます。彼は、「愛している」「キミだけ」「僕だけを見ていて」と言うでしょう。最初はただの愛情表現でも度が過ぎると、束縛に姿を変えてしまうもの。

「気持ちの鎖」「気持ちの腐り」でもあると言えます。

相手を縛りつけて、結局は二人の気持ちを腐らせていくのです。束縛したがる人は、経験によって変わっていく事が出来ます。大人になればなるほど、束縛する事が良い結果をもたらさない事を知るのです。

しかし、相手が束縛したがる場合、束縛される側にも実は問題があるのです。相手を不安にさせるような事をしていた事はなかったでしょうか。気を引くための言葉、自分がいかに人気があるか、自分がどんなにモテているかなど、相手の人に話して聴かせた事があるのかもしれません。これからは、そのような事は一切言わないようにしてみましょう。

束縛したがる相手に、今は何を言っても通じないはず。あなたも、意識を少し別れの方向に向けてみましょう。愛し合っているなら、そのぐらいの努力はする必要があると思います。束縛を我慢していると考えずに、「二人の為に必要な事だ」と考えるのです。電話しろとか昨日の事を報告しろとか求められたら、それらは全て「連絡事項」だと考えましょう。

例えば女友達との旅行先にも電話がかかってきたら、それも「連絡」だと思い込むのです。一々怒っていても始まらないどころか、かえってこじれてしまうかもしれません。仕方ないのです、相手の人は、あなたの事が好きでたまらないのです。相手が気づくまで待つ以外にありません。

「束縛とは人間を小さく見せるもの」という事が分かるまで待ちましょう。「束縛しないで」と言っても喧嘩になるだけ。

あなたが彼の不安を受け止め、ちゃんと「連絡」を取って相手の喜ぶ顔を見ていたら、心ある人なら、いつかきっと今のような束縛はしなくなる事でしょう。今は意識を切り替える努力する時かもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る